fbpx
7
Dec

SENIOR MEN ISU GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL

2度の世界チャンピオンであるネイサン・チェン(アメリカ)は、ISUフィギュアスケートGPFで高く飛び、44ポイントを差をつけて3年連続タイトルを獲得し、新記録を達成しました。 日本のオリンピックチャンピオンの羽生結弦は銀に、フランスのケビン・エイモスはグランプリファイナルでのデビュー戦で銅メダルを獲得しました。 アレクサンダー・サマリン(ロシア)は、248.83ポイントで上昇して4位になりました。ボーヤンジン(中国)は5位(241.44ポイント)で、ドミトリーアリエフ(ロシア)は4位から6位(220.04ポイント)になりました。

チェンは最後にスケートに引き寄せられ、観客が羽生に投げられた何百ものぬいぐるみを取り除くまで待たなければなりませんでした。 エルトン・ジョンの音楽を収録した“Rocketman”で、米国チャンピオンはフリーで224.92ポイント、そして全体で335.30ポイントの世界最高スコアを更新しました。

「プログラムの最後で呼吸が続かなかったので、スタミナに少し取り組む必要があると思いますが、全体的にここにいることができて本当に嬉しいです。スコアには本当に興奮しています。 素晴らしい選手達と競い合い、良い経験にふれ毎回楽しく嬉しく思っています。

大会当日に25歳の誕生日を迎えた羽生は、「Origin」でパフォーマンスを開始しました。世界選手権銀メダリストは194.00ポイントを獲得し、合計291.43ポイントを獲得して2位になりました。 「プログラムの前半には満足していますが、後半については悔しいです。 最後には疲れすぎて、最後のポーズをすることができなかった」と羽生はコメントした。 「もっと良くなりたい。 ネイサン(チェン)は私を強くし、スケートをもっと楽しくさせます。」

エイモズは、パトリック・ワトソンによる“Lighthouse”に表現力豊かにプログラムを取り入れました。 フランスのチャンピオンは、178.92ポイントの新しい自己ベストを設定し、全体で275.63ポイントを獲得しました。 「ここにいることは素晴らしい経験でした。 そして少し混乱しています。 アイモスは言った。 「ここに来る私の目標は、ショートで95、フリーで175を獲得することでした。 私はスコアだけで賞を考えていませんでした」と彼とコメントしました。