fbpx
7
Dec

SENIOR ICE DANCE ISU GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL

4度の世界チャンピオン、フランスのガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロンは、フィギュアスケートの2度目のISUグランプリファイナルで優勝しました。マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)は、この大会で3回目の銀メダルを獲得最終表彰台にかえり咲きました。。銅は、2019 ISUグランプリファイナルチャンピオンのマディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)に、アレクサンドラ・ステバノワ / イワン・ブキン(ロシア)が204.88ポイントで5位から4位に上がった。パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)は203.50ポイントで5位に終わり、2019年の世界銀メダリストであるヴィクトリア・シニツィナ/ニキータ・カツアラポフ(ロシア)は203.39ポイントで4位から6位になりました。

パパダキス/シゼロンは、魅惑的なパフォーマンスを“I Will Find You”に変えました。オリンピック銀メダリストは136.02ポイントを獲得し合計219.85ポイント。 「今夜は驚いています。この歴史的なリンクで多くの人が見ているのを見るのは特別でした。私たちは自分自身とチームを本当に誇りに思っています。私たちのチーム(モントリオールアイスアカデミーから)は今日1、2、3位を獲得しました。それは私たちにとって非常に特別な決勝戦でした。」 「プログラムに関しては、私たちがどのようにすれば完璧であるかを知りませんが、改善すべきことがあると確信しています。私たちのコーチはおそらく詳細に、それについて多くのコメントをするでしょう。

チョック/ベイツは、アップビートの“Snake Dance”でオリエンタルミュージックで盛り上げました。 2回の世界メダリストは合計210.68ポイントで、リズムダンスの1つ上って3回目のグランプリファイナル銀メダルを獲得しました。 「とてもうまくいったと思う。スケートをとても楽しんだ」とチョックはコメントした。 「プログラムを際立たせるのは振り付けの創造性と創意工夫だと思います。アイスダンスには、このようなプログラムは他にありません。それは新しくて革新的であり、私たちはそれを最高の能力でみせることに大きな誇りを持っています」と彼女は説明しました。

「A Star Is Born」に合わせて、ハベル/ダナヒューは125.21ポイントを獲得し、合計で207.93ポイントで2位から3位になりました。ハベルは 「今日は何も変わらず私たちは今、最初にやったよりもずっと良いグランプリシリーズのプログラムと感じています。これからも続けていきます。」ハベルはコメントしました。