fbpx
7
Dec

ISU JUNIOR GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL – DAY 3

ISUフィギュアスケートファイナルジュニアGPF3日目のプログラムは、ショートプログラムの3位の日本の佐藤のパフォーマンズで始まり、優勝しました。ジュニアペアではアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフがを優勝し、全てロシアの選手が表彰台にあがりました。 ジュニアプログラムの最終のアイスダンスでは、カザコワ/レヴィヤ(ジョージア)がアメリカのグエン/コレスニクをわずか0,16ポイントで勝利しました。

ジュニア男子

日本の佐藤俊は、土曜日にトリノで開催されたISUジュニアグランプリファイナルで、金メダルを獲得しました。 ロシアのアンドレイ・モザリョフは銀メダル、ダニエル・サムソノフは銅メダルを獲得しました。 3人のジュニア男子全員が最初のジュニアファイナルに出場しました。鍵山ユマ(日本)は堅実なパフォーマンス(227.09ポイント)で6位から4位に引き上がりました。 2018 ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストのピョートルグメンニク(ロシア)は212.62ポイントで5位、2019年のジュニア銅メダリストのダニエルグラッスルは(イタリア)は新ブーツでスケートをしなけれならず 6位(195.66ポイント)でした。

ニノ・ロタによる“Romeo and Juliet” で佐藤は自己最高得点177.08ポイントで、総合255.11ポイントを獲得して3位から1位へと上がった。 「私はそのような高いポイントを期待していなかった」と佐藤は報道陣に語った。

モザリョフは、“Step Up”のサウンドトラックと“In This Shir”tのパフォーマンスで159.03ポイントを獲得し、総合241.48ポイントで1位から2位になりました。 「滑り終わり、いくつかのミスもあったが気分はよかったです。 私は銀に満足しており、ここに来ることに非常に満足しており、大きな経験をしました。」と16歳はコメントしました。

サムソノフは152.44ポイントでフリーで4位にランクされましたが、230.19ポイントで3位になりました。「もっと上手にならなければならないが満足しています。他の選手も素晴らしくジュニアグランプリで決勝に進み、銅メダルを獲得しました」とコメントしました。

ジュニアペア

2019年世界ジュニア銀メダリストのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフは、ロシアのジュニアペアを、土曜日トリノで開催されたISUジュニアグランプリファイナルで3回目の表彰台に輝きました。 ダイアナ・ムカメトジャノバ/イリヤ・ミロノフが銀メダル、クセニア・アカンティエバ/ヴァレリー・コレソフが銅メダルでした。ユリア・アルティメワ / ミハイル・ナザリチェフ(ロシア)は178.56ポイントで4位、続いて172.53ポイントでアリーナ・ペへレワ/ ローマン・プレシャコフ(ロシア)、159.22ポイントでアニカ・ホッケ/ ロベルト・クンケル(ドイツ)が続きました。

 

“Third Person”サウンドトラックの滑りで、パンフィロワ/ドミトリー・リロフは、フリースケートで116.43ポイントで2位にランクされました。合計185.23ポイントで優勝しました。

「パフォーマンスには満足ではなく、誰もがその理由を知っていると思います。皆が滑り終わり、私たちは勝ったことを嬉しく思いました。 「ジュニアファイナルから銀と銅があり、コレクショ完成させるために、金を獲得しました」とパンフィロワはコメントしました。

ムカメトジャノバ/イリヤ・ミロノフは、“Chess”力強いパフォーマンス演技しました。 Permのチームは、フリースケートで優勝するために118.47ポイントのベストスコアを達成し、全体で184.37ポイントで3位から2位に引き上がりました。 「これは私たちの最初のジュニアファイナルであり、非常にポジティブな感情を持っています。これまでのポイントでは最高のパフォーマンスですが、確かに質では最高ではありません。スケートスキルとペア要素の質に取り組みます。」ミロノフはコメントしました。

“Shine On You Crazy Diamond”113.04ポイントでは、アカンティエバ/コレソフがフリースケートで4位にランクされ、全体で179.68ポイントで2位から3位になりました。 「できることの60%程度でした。2つの要素を失い、パフォーマンスにかなり落ち込んでいます。しかし、表彰台に立つことは嬉しいことです。」とコレソフはコメントしました。

ジュニアアイスダンス

マリア・カザコワ/ジョージ・レヴィヤは、ジョージアで最初のISUジュニアグランプリファイナルを優勝しました。 アヴォンリー・グエン/ ヴァディム・コレスニク(アメリカ)に0.16ポイント差で銀メダルを獲得しました。 ロシアのエリザベータ・シャナエヴァ/デヴィッド・ナリズシィは銅メダルを獲得しました。エリザベータ・フタイベルディエワ/アンドレイ・フィラトワ(ロシア)は、163.03ポイントで1ポイント未満で4位でした。ロイシャ ドゥモジョ / テオ・ル・メルシェ(フランス)は156.26ポイントで5位、続いてダイアナ・デビス/ グレブ・スモルキ(ロシア)が152.21ポイントでした。

カザコワ/レヴィヤは、トミー・プロフィットによる“In the End”に魅惑的なパフォーマンスをしました。
「失うものは何もなく、何も恐れず出場しました。観客は私たちを観に来て、私たちは取り組んだすべてを演技しなければなりません。 私たちは今興奮しまだ勝ったことが信じられません。」とレヴィヤはコメントしました。

グエン/コレスニクはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番に合わせて踊り、106.02ポイントを獲得し、合計174.74ポイントを獲得しました。 「私たちは今少し失望していますが、続けていきます。他の選手達はとても強いです」とグエンはコメントしました。

シャナエヴァ/デヴィッド・ナリズシィは、ブリッグス司教による“River”の演技は98.01ポイント、合計で164.22ポイントを獲得しました。「こんなに多くの観客の前でスケートをするのはとても楽しかったです。私たちはそれを想像していませんでしウォームアップ中に観客のサポートを感じ、私たちの力になりました。 」とシャナエヴァはコメントした。