fbpx
5
Dec

ISU JUNIOR GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL – DAY 1

イタリア2006年のオリンピック会場パラベラで、アリサ・リュウ(アメリカ)、アンドレイ・モザリョフ(RUS)、ペアのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフ(RUS)がリードしました。

男子ジュニアショートプログラムでは、ロシアのアンドレイ・モザリョフが首位につき チームメイトのダニエル・サムソノフが2位に続き、日本の佐藤俊が3位になりました

ロシアのロックオペラ“Yunona and Avos”滑り、モザリョフはトリプルループ、トリプルアクセルトリプルルッツトリプルトウの組み合わせ、2回のスピンでレベ4を獲得しました。 クロアチアカップチャンピオンは82.45ポイントを獲得しました。 「ファイナルでここにいることは嬉しく 光栄です。 私は自分のスケートには満足していますが、もっと上を目指したいですと コメント。 「ロシアのイベントとワルシャワ(チャレンジシリーズのイベント)で競いました。 これらは決勝前の私にとっての試みでした。私は最善を尽くしました。その前にシニアでスケートをしていましたが、最初のジャンプとしてトリプルループの代わりに(クワッド)トーをしました。シニアではショートプログラムでクワッドができ、その機会を利用しました。」とコメントしました。

サムソノフは、オープニングトリプルアクセルでエツィオボッソのRain In Your Black Eyes」のルーチンに転倒しましたが、トリプルループ、トリプルルッツトリプルトウの組み合わせ、レベル4のスピンとフットワークを成功しました。 14歳の彼は77.75ポイントを獲得しました。 「転倒してしまいましたがよかったです。 ポイントを失いすぎないように続け、次の要素に進み続けました。と彼はコメントした。 多くの人が参加するこのような大きなアリーナでの大会でスケーをするのは少し緊張していました。 しかし、たくさんの観客とサポートがあり続けられました。

佐藤は、ミシェル・ルグランによる“Arivee des Camionneurs”に、トリプルアクセル、トリプルループ、トリプルルッツとトリプルトウの組み合わせで77.25ポイントを獲得しクリーンな演技をしました。 「今日の演技に満足しています。 今回の演技は80%だと思います。 メダルを獲得したいのですが、まずはベストを尽くして、落ち着いて集中する必要があります」JGPレイクプラシッドチャンピオンはコメントしています。、

ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストのペトル・グメンニク(RUS)は、72.16ポイントで4位。 2019ワールドジュニアブロンズメダリストのダニエルグラスルITA)は現在71.95ポイントで5位、鍵山ゆま(JPN6位(71.19ポイント)です。

ジュニアペアショートは、パンフィロバ/リロフ((RUS)が首位です。

2019年世界ジュニア銀メダリストのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフは、ロシアのペアをジュニア・ペア・ショート・プログラムで一掃しました。クセニア・アカンテワ / ヴァレリ・コレソフが2位、ダイアナ・ムハメチアノワ / イリヤ・ミロノフが3位です。

「マトリックス」へのパンフィロワ/リロフのプログラムは、巨大なトリプルツイスト、スロートリプルフリップ、壮大なリフト、レベル4のフットワークを特徴としていました。しかし、パンフィロワのダブルアクセルは少し不安定で、デススパイラルはレベル1にしか値しませんでした。現ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストは68.80ポイントをでした。 「初めてリーダーとしてここに来ることは、気持ちは何も変わりませんでした。私たちはまだ最善を尽くしたいと思っています。しかし、それは私たちにさらなる自信を与えてくれます」とパンフィロワはコメントしました。 「100%満足しているわけではありません。 3つの要素について、うまくいきませんでした。より多くのポイントを獲得でじきませんでした。アクセルとデススパイラル、そしておそらくスピンでマイナスになりましたが、スローではそれほど多くのプラスを得られませんでした。ステップシーケンスの最後に、私たちは音楽の先を行っていたので、少し即興で演奏しました」とリロフは語りました。

アカンテヴァ/コレソフAは、「The Cloud Atlas」のサウンドトラックに合わせて、トリプルツイスト、トリプルフリップ、3つのレベル4要素を生成して66.64ポイントを獲得しました。 「今日のスケートには非常に満足しています。今日の為ために自分で設定したタスクを完了しました。 フリースケートでは、最高の演技をしようと思います。」とアカンテヴァ氏は述べています。 「私たちは金を目指していますが、最も重要なのは、ショートスケートとフリースケートの両方でよいものをを見せることです」と彼女のパートナーは付け加えました。

ムハメチアノワ / ミロノフは、チャルダスルーチンでトリプルツイスト、スロートリプルフリップ、ダブルアクセルを完了しました。 JGPザグレブ銀メダリストは64.90ポイントを獲得しました。 「もっと良くなったかもしれませんが、プログラムを1か月前に変更したことを考えると、大丈夫だったと思います。 私たちはそれを変更することを決めませんでした、コーチがしました。 私たちはこのプログラムをよりよく理解し、品質をよりよく示していると思います」とミロノフは説明しました。

アリーナ・ペペレワ / ロマン・プレシコフ(RUS)は、64.67ポイントで4位に遅れをとっていません。 Iイウリア・アルテエワ / ミハイル・ナザリチェフ(RUS)が5位(63.89ポイント)で、イベントで唯一のロシア以外のチームであるアニカ・ホッケロバート・クンケル(GER)が59.47ポイントで6位につけています。

女子ジュニアショートプログラムでアリサ リュウ(USAはリードするためにトリプルアクセルトリプルトウループを成功させました。ロシアのダリア・ウサチョワは2位、クセリア・シニツィナ が3位です。

リュウは、“Don’t Rain on My Parade”リュウはトリプルアクセルとトリプルトーループの組み合わせ、トリプルループとダブルアクセルを成功させました。米国チャンピオンは、スピンのレベル4とステップシーケンスのレベル371.19ポイントを獲得しました。トリプルアクセルは、女子ジュニアショートプログラムのソロアクセルとして許可されていませんが、組み合わせて行うことは可能です。 「プログラムはかなり良いと感じ、とても嬉しかったです。私は演技を楽しんでいるだけです。私は緊張せず、プレッシャーもほとんど感じませんでした。ただの競技と言い聞かせます」とリューは言いました。 「明日は2つのクワッドルッツと2つのトリプルアクセルを計画しており、それらが完成して着陸することを望みます。振り付けにいくつかの変更があるでしょう」とJGPレイクプラシッドチャンピオンは、コメントしました。

リンダ・エダーによる“Please Don’t Make Me Love You”というウサチェヴァのプログラムは、トリプルループ、トリプルルッツトリプルトーループの組み合わせ、レベル4のスピンでした。 13歳の彼女は70.15ポイントを獲得しました。 「私は良い結果を期待していましたが、上にと思っています。今日は緊張していませんでした。自信を持って、練習でスケートをしているように想像しようとしていました。 私は良い一日を過ごし、気分が良かった」とコメントしました。 「もちろん、これらのオリンピックリングはアリーナで見ることができ、特別な雰囲気を与えてくれるので、誰もがオリンピックに行くことを夢見ているような大きな何かを感じることができます」

 シニツィナは、Ane Brunの「Alfonsina Y El Mar」のフラメンコをテーマにしたルーチンで、トリプルループ、トリプルルッツトリプルトウループ、ダブルアクセルを成功させました。 JGP Egnaチャンピオンは69.40ポイントを獲得し「きれいに滑れましたが、もっと良くしたかったのです。 私は嬉しいですが、完全ではありません。 あらゆる動きとあらゆるステップが完璧であることを望んでいます。 ストーリーを語り、創造性を発揮し、音楽を表現したい」と15の、彼女は言いました。

カミラヴァリエバ(RUS)は、69.02ポイントで4位で表彰台近くに留まりました。ヴィクトリア・ヴァシリエワ(RUS)が5位(68.07ポイント)に続き、ヘイン・リー(KOR)が65.39ポイントで6位に終わりました。

 フィギュアスケートファイナル2019/20ISUグランプリは金曜日に続き、ジュニアリズムダンス&ジュニアレディースフリースケート、リズムダンス、レディースショートプログラム、ペアフリースケートが行われます。