fbpx
6
Dec

ISU GRAND PRIX FINAL OF FIGURE SKATING – DAY 2

ISUフィギュアスケートシニアGPファイナルの最初のメダルは、 ペア中国人カップル1位スイ/ハンと2位ペン/ジンです。シニアのプログラムは、午後4時にアイスダンスで始まりました。トリノのパラベラで行われた素晴らしい6組のアイスショーは、上位から6位まで4ポイントの差です。 シニア女子も素晴らしいショーでコストルナヤがショートプログラムで首位発進した。

シニアアイスダンス

世界チャンピオン4回のフランスのガブリエラパパダキス/ギヨームシゼロンは、ISUフィギュアスケートGPFトリノ金曜日にリズムダンスを終えました。ISUグランプリファイナルチャンピオンであるマディソンハベル/ザカリードノヒュー(アメリカ)は2位でわずかに遅れをとっていますが、アイスダンスイベントの第1セグメントではマディソンチョック/エヴァンベイツ(アメリカ)が3位でした。 競争は非常に近く、上位5チームは3ポイント未満しか離れていません。 2019年の世界銀メダリスト、ビクトリア・シニツィーナ/ニキータ・カツララポフ(ロシア)は、ツイストル(81.51ポイント)でつまずいた後、4位に遅れをとっていません。アレクサンドラステパノバ/イヴァンブキン(RUS)が81.14ポイントで5位に続き、パイパージル/ポールポワリエ(カナダ)が6位(79.53ポイント)でフィニッシュしました。

パパダキス/サイゼロンは“Fame”で83.83ポイントを獲得しました。 「ステップシーケンスにいくつかのミスをしたため、それほど高いスコアを取得できず、前のグランプリでは高スコアを獲得しました。2つのグランプリ大会を終え疲労がありますが、 改善して明日はもっと良くしたいです。」とコメント。

ハベル/ダナヒューのマリリンモンローをテーマにしたダンス「My Heart Belongs To Daddy」と「Let’s Be Bad」で82.72ポイントを獲得しました。「グランプリファイナルになると、優れたスケータばかりです。かなり良かったと思いますが、高スコアを得ることはできませんでした。

チョック / ベイツは特徴的なダンスを「Too Darn Hot」に出し、81.67ポイントを獲得しました。 「このイベントに参加できて嬉しいです。 それは名誉であり、おそらくオリンピック以外の年のシーズン全体で最も権威の大会であり、世界で最高の地位にいることはうれしいです。 プロトコルを見て、さらにポイントを獲得できるようにする必要がありますが、全体的には滑りに満足しています」とベイツはコメントしました。

シニア女子

ロシアのアリョーナ・コストルナイアは、チームメイトのアリナ・ザギトワとアンナ・シチェルバコワに先んじて、ISUフィギュアスケートGPFトリノ金曜日に行われた女子ショートプログラムで自身の世界最高を更新しました。 Bradie Tennell(アメリカ)は、72.20ポイントで4位につけています。 2019年世界ジュニアチャンピオンのアレクサンドラ・トルソワ(RUS)はトリプルアクセルで71.45ポイントで5位に入賞しました。 ISUグランプリファイナルチャンピオンの紀平梨花(日本)がディフェンディングトリプルアクセルを獲得しましたが、トリプルフリップトリプルトゥループの組み合わせをミスし70.71ポイントで6位と出遅れました。

マックス・リヒターの“November” と “Departure”で滑ったコストナイアは、85.45ポイントでNHKトロフィーで確立された自身のショートプログラム記録スコアを超えました。「ベストを尽くしたのでとても嬉しいです。プログラムをきれいに滑ってみて、楽しみました」と、2018年のワールドジュニアの銀メダリストは言いました。

ザギトワは、ジャスミン・レヴィによる「ミー・ヴォイ」に感情的なパフォーマンスを与えました。 2018年のオリンピックチャンピオンは、シーズン最高の79.60ポイントを獲得しました。「シーズン最高のスコアを獲得しました。それについて満足しています。 しかし、それは私の個人的なベストではないので、まだいけると思います。 熱く滑れた気がします。 2019年の世界チャンピオンはコメントしました。

シェルバコアのは“Perfume. The Story of a Murderer”と2019年の世界ジュニア銀メダリストは78.27ポイントで新しい個人ベストをだしました。「滑った後、とてもいい気分になりました。今日はすべてをやってとても幸せに感じました。 すべてのプラクティスは本当に良かったので、私は非常に落ち着いて滑れることができ、今日やったことすべてに満足しています。」ロシアのチャンピオンはコメントしました。

シニアペア

オリンピックの銀メダリストである中国の文京スイ / ハンは、ISUフィギュアスケートGPFトリノ、金曜日に行われ金メダル、チームメイトのチェン・ペン/ヤン・ジンは、去年同じく銀メダルでした。

ロシアの新人アナスタシアミーシナ/アレクサンドルガリアモフが銅メダルを獲得しました。アレクサンドラ・ボイコ/ ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)は、いくつかのミスがあり(201.84ポイント)、2位から4位になりました。 カーステンムーアタワーズ/マイケルマリナロ(カナダ)が5位(197.99ポイント)で、ダリアパブリチェンコ/デニスホディキン(ロシア)が3位から6位に落ちました。

オリンピックの銀メダリストは“Rain、In Your Black Eyes”で134.19ポイントでフリースケートで2位にランクされましたが、全体で211.69ポイントで1位のままでした。 「これがグランプリは4回目です。常にグランプリファイナルを逃しました。 多くの問題がありましたが、それに取り組み、プログラムを改善しました。 まだグランプリファイナルで金メダルを獲得していないため、かなり緊張していました」

「以前のグランプリが終わったばかりで私たちも少し疲れました。 今回はジャンプのレベルや一貫性など、多くの問題もありましたが、今後はそれらに取り組みます。 また、他の中国人ペアが好調で、中国の金メダルと銀メダルを獲得できたことを嬉しく思います」と彼女は付け加えました。

ペン / ジンは、5位に終わったショートプログラムから巻きかえしました。 中国チームは、シーズン最高の134.60ポイントでフリースケートに勝ち、昨年と同じように合計204.27ポイントを獲得しました。「今日は、グランプリファイナルで銀メダルを獲得したことを本当に嬉しく思っています。 ショートプログラムではうまくいきませんでしたが、精神的に調整することができ、今日はきれいなフリーをスムーズに滑ることができました」とジンはコメントしました。