fbpx

会場

Palavela

新しいパラヴェラは、旧名パラッツォ・ア・ヴェーラ(Palazzo a Vela)、パラッツォ・デッレ・モストレ(Palazzo delle Mostre)とよばれ、ガエ・アウレンティによって改修され、1961年にイタリア統一百周年記念、イタリア国際博覧会(エクスポ)を開催し、パラッツォ・ア・ヴェーラで開会式がされ、展覧会やショーを主催することを目的とした建物です。2006年にトリノオリンピックフィギュアスケートとショートトラックの競技会を開催するために2004年に改装され、2010年にはスポーツイベント、娯楽活動、ショーに88,000人以上の観客を動員しました。その後は、年間7万人の観客が訪れ、トリノでアイスショーだけではなくエンターテインメントを開催する場合はパラヴェラを使用します。

近年、パラヴェラはスポーツイベントを開催する優勢な場所であり2008年のバスケットボールのULEBカップ、2010年のアイススケートワールドカップ、2013年のデビスカップ、また2015年の男子バレーボールヨーロッパ選手権などの重要な国際大会を開催しています。

パラヴェラは、魅力的なロケーションで行きやすいため、アイスショーだけにかかわらず企業イベント、代表者会議、ガラディナー、パーティーにも使用されます。平土間だけではなく異なるタイプもあり使用可能なスペースを提供しています。

収容人数は、8500人までです。詳しくはこちらをご覧ください

アドレス
Palavela
Via Ventimiglia, 145
10127 TORINO

パラヴェラへの行き方

パラヴェラは、トリノ市内から行きやすくウニタイタリア通り(Corso Unità d’Italia)の目の前にあります。

高速道路が、タンジェンジアーレスッド、トリノ-サヴォナ、トリノ-ミラノ、トリノ-ピアチェンザ、トリノ-アオスタが通っていますのでアクセス良好です。

パラヴェラの一般入口は、ヴェンティミリア通り145(Via Ventimiglia 145)と正面広場のチケット売り場がある北口(VIPスタンド、北側)です。

公共交通機関でパラヴェラにアクセスするには次をお勧めします。

地下鉄:M1線フェルミ駅からリンゴット駅下車し、リンゴット停留所からバス18番

主要鉄道駅からの接続

  • リンゴット駅からバス74番か18番に乗車
  • ポルタ・ヌオーヴァ駅からバス24番か67番に乗車、もしくは地下鉄M1 カルドゥッチに行きバス45番乗車
  • ポルタ・ス-ザ駅からバス101番乗車、もしくは地下鉄M1 終点8228地下鉄カルドゥッチに行きバス45番乗車

市内から接続を確認するにはこちらを参照下さい。

駐車場

パラヴェラは600台以上おける駐車場があります。

主要場所からの距離

  • トリノカゼッレ空港から48,8 Km
  • ポルタ・ヌオーヴァ駅から5 Km
  • ポルタ・スーザ駅から7,6 Km
  • サン・カルロ広場から6,9 Km