fbpx
Category

Atleti ja

SENIOR LADIES ISU GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL

ロシアのアリョーナ・コストルナヤは、ISUフィギュアスケートグランプリで最高記録を更新し、そしてチームメイトのアンナ・シェルバコワとアレクサンドラ・トルソワが続きロシアがシングル女子を完全制覇しました。トルソワは、4回フリップを競技でした最初の女性スケーターになりました。 2018 ISUグランプリファイナルチャンピオンの紀平梨花(日本)は、トリプルアクセルを成功させ216.47ポイントで6位から4位、ブレディ・デネルは(アメリカ)は5位(212.18ポイント)を獲得しました。 オリンピックチャンピオンのアリーナ・ザキトワ(ロシア)は、いくつかのミスがあり、2位から6位に終わった。 コストルナヤは“New Moon” と “Supermassive Black Hole”にパフォーマンスで合計スコアは247.59ポイントでした。 「今日、合計スコアで記録を破りたいと思った。毎回、ベストを尽くして滑ろうとしています。 2018年のISU世界ジュニア銀メダリストによると、昨日と同じようだったのでとてもうれしいです。」とコメント。 シェルバコワは、“Six Gnossiennes” と“Firebird”に合わせ162.65ポイントでフリーを終え、合計で240.92ポイントで2位でした。 「自分のスケートと結果には満足していますが、クワッドフリップを着陸できなかったことが少し悔しいです。私は他のすべてをやったことがうれしいです。試したのは初めて(クワッドフリップ)で、次回は成功させたいです。」とコメントしました。 トルソワは、“Games of Thrones”フリーで161.73ポイントを獲得し、233.18ポイントで1位から3位になりました。 「4回転フリップはこのイベントの主な目標の1つでしたので出来て良かったし、銅メダルにも満足しています。しかし、ショートプログラムでトリプルアクセルが出来ず、サルコウを飛び、トゥをミスしたことに悔しいです。 私は 少し緊張していて、プログラムの終わりに疲れました。」とコメントしました。

SENIOR ICE DANCE ISU GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL

4度の世界チャンピオン、フランスのガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロンは、フィギュアスケートの2度目のISUグランプリファイナルで優勝しました。マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)は、この大会で3回目の銀メダルを獲得最終表彰台にかえり咲きました。。銅は、2019 ISUグランプリファイナルチャンピオンのマディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)に、アレクサンドラ・ステバノワ / イワン・ブキン(ロシア)が204.88ポイントで5位から4位に上がった。パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)は203.50ポイントで5位に終わり、2019年の世界銀メダリストであるヴィクトリア・シニツィナ/ニキータ・カツアラポフ(ロシア)は203.39ポイントで4位から6位になりました。 パパダキス/シゼロンは、魅惑的なパフォーマンスを“I Will Find You”に変えました。オリンピック銀メダリストは136.02ポイントを獲得し合計219.85ポイント。 「今夜は驚いています。この歴史的なリンクで多くの人が見ているのを見るのは特別でした。私たちは自分自身とチームを本当に誇りに思っています。私たちのチーム(モントリオールアイスアカデミーから)は今日1、2、3位を獲得しました。それは私たちにとって非常に特別な決勝戦でした。」 「プログラムに関しては、私たちがどのようにすれば完璧であるかを知りませんが、改善すべきことがあると確信しています。私たちのコーチはおそらく詳細に、それについて多くのコメントをするでしょう。 チョック/ベイツは、アップビートの“Snake Dance”でオリエンタルミュージックで盛り上げました。 2回の世界メダリストは合計210.68ポイントで、リズムダンスの1つ上って3回目のグランプリファイナル銀メダルを獲得しました。 「とてもうまくいったと思う。スケートをとても楽しんだ」とチョックはコメントした。 「プログラムを際立たせるのは振り付けの創造性と創意工夫だと思います。アイスダンスには、このようなプログラムは他にありません。それは新しくて革新的であり、私たちはそれを最高の能力でみせることに大きな誇りを持っています」と彼女は説明しました。 「A Star Is Born」に合わせて、ハベル/ダナヒューは125.21ポイントを獲得し、合計で207.93ポイントで2位から3位になりました。ハベルは 「今日は何も変わらず私たちは今、最初にやったよりもずっと良いグランプリシリーズのプログラムと感じています。これからも続けていきます。」ハベルはコメントしました。

ISU JUNIOR GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL – DAY 3

ISUフィギュアスケートファイナルジュニアGPF3日目のプログラムは、ショートプログラムの3位の日本の佐藤のパフォーマンズで始まり、優勝しました。ジュニアペアではアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフがを優勝し、全てロシアの選手が表彰台にあがりました。 ジュニアプログラムの最終のアイスダンスでは、カザコワ/レヴィヤ(ジョージア)がアメリカのグエン/コレスニクをわずか0,16ポイントで勝利しました。 ジュニア男子 日本の佐藤俊は、土曜日にトリノで開催されたISUジュニアグランプリファイナルで、金メダルを獲得しました。 ロシアのアンドレイ・モザリョフは銀メダル、ダニエル・サムソノフは銅メダルを獲得しました。 3人のジュニア男子全員が最初のジュニアファイナルに出場しました。鍵山ユマ(日本)は堅実なパフォーマンス(227.09ポイント)で6位から4位に引き上がりました。 2018 ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストのピョートルグメンニク(ロシア)は212.62ポイントで5位、2019年のジュニア銅メダリストのダニエルグラッスルは(イタリア)は新ブーツでスケートをしなけれならず 6位(195.66ポイント)でした。 ニノ・ロタによる“Romeo and Juliet” で佐藤は自己最高得点177.08ポイントで、総合255.11ポイントを獲得して3位から1位へと上がった。 「私はそのような高いポイントを期待していなかった」と佐藤は報道陣に語った。 モザリョフは、“Step Up”のサウンドトラックと“In This Shir”tのパフォーマンスで159.03ポイントを獲得し、総合241.48ポイントで1位から2位になりました。 「滑り終わり、いくつかのミスもあったが気分はよかったです。 私は銀に満足しており、ここに来ることに非常に満足しており、大きな経験をしました。」と16歳はコメントしました。 サムソノフは152.44ポイントでフリーで4位にランクされましたが、230.19ポイントで3位になりました。「もっと上手にならなければならないが満足しています。他の選手も素晴らしくジュニアグランプリで決勝に進み、銅メダルを獲得しました」とコメントしました。 ジュニアペア 2019年世界ジュニア銀メダリストのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフは、ロシアのジュニアペアを、土曜日トリノで開催されたISUジュニアグランプリファイナルで3回目の表彰台に輝きました。 ダイアナ・ムカメトジャノバ/イリヤ・ミロノフが銀メダル、クセニア・アカンティエバ/ヴァレリー・コレソフが銅メダルでした。ユリア・アルティメワ /...
すべて読む

SENIOR MEN ISU GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL

2度の世界チャンピオンであるネイサン・チェン(アメリカ)は、ISUフィギュアスケートGPFで高く飛び、44ポイントを差をつけて3年連続タイトルを獲得し、新記録を達成しました。 日本のオリンピックチャンピオンの羽生結弦は銀に、フランスのケビン・エイモスはグランプリファイナルでのデビュー戦で銅メダルを獲得しました。 アレクサンダー・サマリン(ロシア)は、248.83ポイントで上昇して4位になりました。ボーヤンジン(中国)は5位(241.44ポイント)で、ドミトリーアリエフ(ロシア)は4位から6位(220.04ポイント)になりました。 チェンは最後にスケートに引き寄せられ、観客が羽生に投げられた何百ものぬいぐるみを取り除くまで待たなければなりませんでした。 エルトン・ジョンの音楽を収録した“Rocketman”で、米国チャンピオンはフリーで224.92ポイント、そして全体で335.30ポイントの世界最高スコアを更新しました。 「プログラムの最後で呼吸が続かなかったので、スタミナに少し取り組む必要があると思いますが、全体的にここにいることができて本当に嬉しいです。スコアには本当に興奮しています。 素晴らしい選手達と競い合い、良い経験にふれ毎回楽しく嬉しく思っています。 大会当日に25歳の誕生日を迎えた羽生は、「Origin」でパフォーマンスを開始しました。世界選手権銀メダリストは194.00ポイントを獲得し、合計291.43ポイントを獲得して2位になりました。 「プログラムの前半には満足していますが、後半については悔しいです。 最後には疲れすぎて、最後のポーズをすることができなかった」と羽生はコメントした。 「もっと良くなりたい。 ネイサン(チェン)は私を強くし、スケートをもっと楽しくさせます。」 エイモズは、パトリック・ワトソンによる“Lighthouse”に表現力豊かにプログラムを取り入れました。 フランスのチャンピオンは、178.92ポイントの新しい自己ベストを設定し、全体で275.63ポイントを獲得しました。 「ここにいることは素晴らしい経験でした。 そして少し混乱しています。 アイモスは言った。 「ここに来る私の目標は、ショートで95、フリーで175を獲得することでした。 私はスコアだけで賞を考えていませんでした」と彼とコメントしました。

ISU GRAND PRIX FINAL OF FIGURE SKATING – DAY 2

ISUフィギュアスケートシニアGPファイナルの最初のメダルは、 ペア中国人カップル1位スイ/ハンと2位ペン/ジンです。シニアのプログラムは、午後4時にアイスダンスで始まりました。トリノのパラベラで行われた素晴らしい6組のアイスショーは、上位から6位まで4ポイントの差です。 シニア女子も素晴らしいショーでコストルナヤがショートプログラムで首位発進した。 シニアアイスダンス 世界チャンピオン4回のフランスのガブリエラパパダキス/ギヨームシゼロンは、ISUフィギュアスケートGPFトリノ金曜日にリズムダンスを終えました。ISUグランプリファイナルチャンピオンであるマディソンハベル/ザカリードノヒュー(アメリカ)は2位でわずかに遅れをとっていますが、アイスダンスイベントの第1セグメントではマディソンチョック/エヴァンベイツ(アメリカ)が3位でした。 競争は非常に近く、上位5チームは3ポイント未満しか離れていません。 2019年の世界銀メダリスト、ビクトリア・シニツィーナ/ニキータ・カツララポフ(ロシア)は、ツイストル(81.51ポイント)でつまずいた後、4位に遅れをとっていません。アレクサンドラステパノバ/イヴァンブキン(RUS)が81.14ポイントで5位に続き、パイパージル/ポールポワリエ(カナダ)が6位(79.53ポイント)でフィニッシュしました。 パパダキス/サイゼロンは“Fame”で83.83ポイントを獲得しました。 「ステップシーケンスにいくつかのミスをしたため、それほど高いスコアを取得できず、前のグランプリでは高スコアを獲得しました。2つのグランプリ大会を終え疲労がありますが、 改善して明日はもっと良くしたいです。」とコメント。 ハベル/ダナヒューのマリリンモンローをテーマにしたダンス「My Heart Belongs To Daddy」と「Let’s Be Bad」で82.72ポイントを獲得しました。「グランプリファイナルになると、優れたスケータばかりです。かなり良かったと思いますが、高スコアを得ることはできませんでした。 チョック / ベイツは特徴的なダンスを「Too Darn Hot」に出し、81.67ポイントを獲得しました。 「このイベントに参加できて嬉しいです。 それは名誉であり、おそらくオリンピック以外の年のシーズン全体で最も権威の大会であり、世界で最高の地位にいることはうれしいです。 プロトコルを見て、さらにポイントを獲得できるようにする必要がありますが、全体的には滑りに満足しています」とベイツはコメントしました。...
すべて読む

ISU JUNIOR GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL – DAY 2

ISU女子ジュニアグランプリフィギュアファイナルが終了しました。きのうのショートプログラム4位ロシアのカミラバリエバが巻き返し、女子ジュニアで優勝しました。ジュニアアイスダンスも開始されペアのカザコバ/レビヤ(GEO)が首位です。 ジュニアアイスダンス ジョージア州のマリア・カザコワ/ジョージー・レヴィヤは首位を獲得し、人気のアヴォンリー・グエン/ヴァディム・コレスニク(アメリカ)にわずか0.04ポイント差を付けました。ロシアのエリザベータ・シャナエバ/デビッド・ナリズヌイが3位に続きます。エリザヴェータ・フダイベルディエワ/ アンドレイ・フィラトフ(ロシア)は4位(65.07ポイント)で1ポイント少し遅れています。ロイシア・デモウゲウト / テオ・ル・メルシエ(フランス)は現在62.84ポイントで5位、ダイアナ・デイヴィス / グレブ・スモルキン(ロシア)は6位(59.89ポイント)です。 カザコワ/レヴィヤは、“Beautiful the Carole King”と“Dream a Little Dream of Me”でクイックとフォックストロットステップで68.76ポイント、自己最高スコアをだしました。 「今日は簡単ではなく、ポイントには非常に満足していますが、スケートにはそれほど満足していません。 ツウィズルにはいくつかの小さな問題があり、必要に応じてうまく行かず、いくつかのトランジションではスピードを失いましたが、すぐにプログラムにもどれました。」とレヴィヤはコメントしました。 グエン/コレスニクは「“Aladdin”でアップビートなダンスを披露し、68.72ポイントを獲得しました。 「できる限りのことをし、プログラムを改善し続けただけです。観客が私たちの演技をみて感じて好んでいることを願っています。」 「私達は古いアラジンよりも新しいアラジンのほうが力強いので好きです。 ブロードウェイショーの活気とエネルギーを活用しています。」と彼女は付け加えました シャナエワ /...
すべて読む

ISU GRAND PRIX FINAL OF FIGURE SKATING – DAY 1

ISUグランプリファイナルフィギュアスケートのショートプログラムでは中国人ペアの スイ/ハンとアメリカ人のネイサン・チェンが首位です。 ペアショートプログラム ISUグランプリトリノフィギュアスケートファイナルのショートプログラムで、中国のオリンピック銀メダルスイ/ハン(77.50)が首位でロシアのアレクサンドラ ボイコ / ドミトリーコズロフスキー(76.65)が2位につきました。ダリア パプニュチェンコ / デニス・ホディキン(75.16)ロシア出身で、現在3位です。 アナスタシア・ミシナ/アレクサンダー・ガリアモフ(RUS)、2019年ジュニア世界チャンピオン、71.48ポイントで安定したパフォーマンス4位につきました。前の ISUグランプリ銀メダリストチェンペン/ヤンジン(CHN)は5位(69.67ポイント)で、カナダのカップルキルステンムーアタワーズ/マイケルマリナロ(CAN)は6位(67.08ポイント)でした。 スイは、氷上に手が触れてしまいペナルティでした。「今日の演技にはあまり満足していません。流れにのれずいくつかミスをしてしまいました。明日のふりーではベストを尽くしたいです。」とコメントをしました。 ボイコ / コズロフスキーは、“My Way”のインストゥルメンタルで素晴らしい演技をしました。「今日、私達は少し緊張しました。もっと感情豊かに表現すれば、自信が持てると思います。」との事。逆にパプニュチェンコ / ホディキンは、まだ技術的に取り組むことはあるが、満足していますと終わりにコメントしました。 ISUグランプリトリノフィギュアスケートファイナルの選手リスト、結果及びプログラムに関する詳明については https://isu.org/GrandPrixをご覧ください。 男子ショートプログラム 2度の世界チャンピオンのネイサン・チェン(米国)は、110.38ポイントでISUグランプリトリノフィギュアスケートファイナルショートプログラムの首位にたちました。 日本のオリンピックチャンピオンである羽生結弦は、(97.43)2位、フランス人ケビン・エイモス96.71ポイントで3位です。 ドミトリアリエフ(RUS)は堅実なパフォーマンスし、88.78ポイントで4位になりました。アレクサンダーサマリン(RUS) 5位(81.32ポイント)、ボヤンジン(CHN)が6位(80.67ポイント)でしした。 チェンは“La Boheme”で彼のベストをだしました。...
すべて読む

ISU JUNIOR GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL – DAY 1

イタリア2006年のオリンピック会場パラベラで、アリサ・リュウ(アメリカ)、アンドレイ・モザリョフ(RUS)、ペアのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフ(RUS)がリードしました。 男子ジュニアショートプログラムでは、ロシアのアンドレイ・モザリョフが首位につき チームメイトのダニエル・サムソノフが2位に続き、日本の佐藤俊が3位になりました ロシアのロックオペラ“Yunona and Avos”滑り、モザリョフはトリプルループ、トリプルアクセル、トリプルルッツトリプルトウの組み合わせ、2回のスピンでレベル4を獲得しました。 クロアチアカップチャンピオンは82.45ポイントを獲得しました。 「ファイナルでここにいることは嬉しく 光栄です。 私は自分のスケートには満足していますが、もっと上を目指したいですと コメント。 「ロシアのイベントとワルシャワ(チャレンジシリーズのイベント)で競いました。 これらは決勝前の私にとっての試みでした。私は最善を尽くしました。その前にシニアでスケートをしていましたが、最初のジャンプとしてトリプルループの代わりに(クワッド)トーをしました。シニアではショートプログラムでクワッドができ、その機会を利用しました。」とコメントしました。 サムソノフは、オープニングトリプルアクセルでエツィオボッソの「Rain In Your Black Eyes」のルーチンに転倒しましたが、トリプルループ、トリプルルッツトリプルトウの組み合わせ、レベル4のスピンとフットワークを成功しました。 14歳の彼は77.75ポイントを獲得しました。 「転倒してしまいましたがよかったです。 ポイントを失いすぎないように続け、次の要素に進み続けました。」と彼はコメントした。 「多くの人が参加するこのような大きなアリーナでの大会でスケートをするのは少し緊張していました。 しかし、たくさんの観客とサポートがあり続けられました。 佐藤は、ミシェル・ルグランによる“Arivee des Camionneurs”に、トリプルアクセル、トリプルループ、トリプルルッツとトリプルトウの組み合わせで77.25ポイントを獲得しクリーンな演技をしました。 「今日の演技に満足しています。 今回の演技は80%だと思います。 メダルを獲得したいのですが、まずはベストを尽くして、落ち着いて集中する必要があります」とJGPレイクプラシッドチャンピオンはコメントしています。、 ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストのペトル・グメンニク(RUS)は、72.16ポイントで4位。 2019ワールドジュニアブロンズメダリストのダニエルグラスル(ITA)は現在71.95ポイントで5位、鍵山ゆま(JPN)は6位(71.19ポイント)です。 ジュニアペアショートは、パンフィロバ/リロフ((RUS)が首位です。 2019年世界ジュニア銀メダリストのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフは、ロシアのペアをジュニア・ペア・ショート・プログラムで一掃しました。クセニア・アカンテワ / ヴァレリ・コレソフが2位、ダイアナ・ムハメチアノワ / イリヤ・ミロノフが3位です。 「マトリックス」へのパンフィロワ/リロフのプログラムは、巨大なトリプルツイスト、スロートリプルフリップ、壮大なリフト、レベル4のフットワークを特徴としていました。しかし、パンフィロワのダブルアクセルは少し不安定で、デススパイラルはレベル1にしか値しませんでした。現ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストは68.80ポイントをでした。 「初めてリーダーとしてここに来ることは、気持ちは何も変わりませんでした。私たちはまだ最善を尽くしたいと思っています。しかし、それは私たちにさらなる自信を与えてくれます」とパンフィロワはコメントしました。 「100%満足しているわけではありません。 3つの要素について、うまくいきませんでした。より多くのポイントを獲得でじきませんでした。アクセルとデススパイラル、そしておそらくスピンでマイナスになりましたが、スローではそれほど多くのプラスを得られませんでした。ステップシーケンスの最後に、私たちは音楽の先を行っていたので、少し即興で演奏しました」とリロフは語りました。 アカンテヴァ/コレソフAは、「The Cloud Atlas」のサウンドトラックに合わせて、トリプルツイスト、トリプルフリップ、3つのレベル4要素を生成して66.64ポイントを獲得しました。 「今日のスケートには非常に満足しています。今日の為ために自分で設定したタスクを完了しました。 フリースケートでは、最高の演技をしようと思います。」とアカンテヴァ氏は述べています。 「私たちは金を目指していますが、最も重要なのは、ショートスケートとフリースケートの両方でよいものをを見せることです」と彼女のパートナーは付け加えました。 ムハメチアノワ / ミロノフは、チャルダスルーチンでトリプルツイスト、スロートリプルフリップ、ダブルアクセルを完了しました。 JGPザグレブ銀メダリストは64.90ポイントを獲得しました。 「もっと良くなったかもしれませんが、プログラムを1か月前に変更したことを考えると、大丈夫だったと思います。 私たちはそれを変更することを決めませんでした、コーチがしました。 私たちはこのプログラムをよりよく理解し、品質をよりよく示していると思います」とミロノフは説明しました。 アリーナ・ペペレワ / ロマン・プレシコフ(RUS)は、64.67ポイントで4位に遅れをとっていません。 Iイウリア・アルテエワ / ミハイル・ナザリチェフ(RUS)が5位(63.89ポイント)で、イベントで唯一のロシア以外のチームであるアニカ・ホッケ/ ロバート・クンケル(GER)が59.47ポイントで6位につけています。 女子ジュニアショートプログラムでアリサ リュウ(USA)はリードするためにトリプルアクセルトリプルトウループを成功させました。ロシアのダリア・ウサチョワは2位、クセリア・シニツィナ が3位です。 リュウは、“Don’t Rain on...
すべて読む