fbpx
Day

December 5, 2019

ISU GRAND PRIX FINAL OF FIGURE SKATING – DAY 1

ISUグランプリファイナルフィギュアスケートのショートプログラムでは中国人ペアの スイ/ハンとアメリカ人のネイサン・チェンが首位です。 ペアショートプログラム ISUグランプリトリノフィギュアスケートファイナルのショートプログラムで、中国のオリンピック銀メダルスイ/ハン(77.50)が首位でロシアのアレクサンドラ ボイコ / ドミトリーコズロフスキー(76.65)が2位につきました。ダリア パプニュチェンコ / デニス・ホディキン(75.16)ロシア出身で、現在3位です。 アナスタシア・ミシナ/アレクサンダー・ガリアモフ(RUS)、2019年ジュニア世界チャンピオン、71.48ポイントで安定したパフォーマンス4位につきました。前の ISUグランプリ銀メダリストチェンペン/ヤンジン(CHN)は5位(69.67ポイント)で、カナダのカップルキルステンムーアタワーズ/マイケルマリナロ(CAN)は6位(67.08ポイント)でした。 スイは、氷上に手が触れてしまいペナルティでした。「今日の演技にはあまり満足していません。流れにのれずいくつかミスをしてしまいました。明日のふりーではベストを尽くしたいです。」とコメントをしました。 ボイコ / コズロフスキーは、“My Way”のインストゥルメンタルで素晴らしい演技をしました。「今日、私達は少し緊張しました。もっと感情豊かに表現すれば、自信が持てると思います。」との事。逆にパプニュチェンコ / ホディキンは、まだ技術的に取り組むことはあるが、満足していますと終わりにコメントしました。 ISUグランプリトリノフィギュアスケートファイナルの選手リスト、結果及びプログラムに関する詳明については https://isu.org/GrandPrixをご覧ください。 男子ショートプログラム 2度の世界チャンピオンのネイサン・チェン(米国)は、110.38ポイントでISUグランプリトリノフィギュアスケートファイナルショートプログラムの首位にたちました。 日本のオリンピックチャンピオンである羽生結弦は、(97.43)2位、フランス人ケビン・エイモス96.71ポイントで3位です。 ドミトリアリエフ(RUS)は堅実なパフォーマンスし、88.78ポイントで4位になりました。アレクサンダーサマリン(RUS) 5位(81.32ポイント)、ボヤンジン(CHN)が6位(80.67ポイント)でしした。 チェンは“La Boheme”で彼のベストをだしました。...
すべて読む

ISU JUNIOR GRAND PRIX OF FIGURE SKATING FINAL – DAY 1

イタリア2006年のオリンピック会場パラベラで、アリサ・リュウ(アメリカ)、アンドレイ・モザリョフ(RUS)、ペアのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフ(RUS)がリードしました。 男子ジュニアショートプログラムでは、ロシアのアンドレイ・モザリョフが首位につき チームメイトのダニエル・サムソノフが2位に続き、日本の佐藤俊が3位になりました ロシアのロックオペラ“Yunona and Avos”滑り、モザリョフはトリプルループ、トリプルアクセル、トリプルルッツトリプルトウの組み合わせ、2回のスピンでレベル4を獲得しました。 クロアチアカップチャンピオンは82.45ポイントを獲得しました。 「ファイナルでここにいることは嬉しく 光栄です。 私は自分のスケートには満足していますが、もっと上を目指したいですと コメント。 「ロシアのイベントとワルシャワ(チャレンジシリーズのイベント)で競いました。 これらは決勝前の私にとっての試みでした。私は最善を尽くしました。その前にシニアでスケートをしていましたが、最初のジャンプとしてトリプルループの代わりに(クワッド)トーをしました。シニアではショートプログラムでクワッドができ、その機会を利用しました。」とコメントしました。 サムソノフは、オープニングトリプルアクセルでエツィオボッソの「Rain In Your Black Eyes」のルーチンに転倒しましたが、トリプルループ、トリプルルッツトリプルトウの組み合わせ、レベル4のスピンとフットワークを成功しました。 14歳の彼は77.75ポイントを獲得しました。 「転倒してしまいましたがよかったです。 ポイントを失いすぎないように続け、次の要素に進み続けました。」と彼はコメントした。 「多くの人が参加するこのような大きなアリーナでの大会でスケートをするのは少し緊張していました。 しかし、たくさんの観客とサポートがあり続けられました。 佐藤は、ミシェル・ルグランによる“Arivee des Camionneurs”に、トリプルアクセル、トリプルループ、トリプルルッツとトリプルトウの組み合わせで77.25ポイントを獲得しクリーンな演技をしました。 「今日の演技に満足しています。 今回の演技は80%だと思います。 メダルを獲得したいのですが、まずはベストを尽くして、落ち着いて集中する必要があります」とJGPレイクプラシッドチャンピオンはコメントしています。、 ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストのペトル・グメンニク(RUS)は、72.16ポイントで4位。 2019ワールドジュニアブロンズメダリストのダニエルグラスル(ITA)は現在71.95ポイントで5位、鍵山ゆま(JPN)は6位(71.19ポイント)です。 ジュニアペアショートは、パンフィロバ/リロフ((RUS)が首位です。 2019年世界ジュニア銀メダリストのアポリナリア・パンフィロワ/ドミトリー・リロフは、ロシアのペアをジュニア・ペア・ショート・プログラムで一掃しました。クセニア・アカンテワ / ヴァレリ・コレソフが2位、ダイアナ・ムハメチアノワ / イリヤ・ミロノフが3位です。 「マトリックス」へのパンフィロワ/リロフのプログラムは、巨大なトリプルツイスト、スロートリプルフリップ、壮大なリフト、レベル4のフットワークを特徴としていました。しかし、パンフィロワのダブルアクセルは少し不安定で、デススパイラルはレベル1にしか値しませんでした。現ISUジュニアグランプリファイナル銀メダリストは68.80ポイントをでした。 「初めてリーダーとしてここに来ることは、気持ちは何も変わりませんでした。私たちはまだ最善を尽くしたいと思っています。しかし、それは私たちにさらなる自信を与えてくれます」とパンフィロワはコメントしました。 「100%満足しているわけではありません。 3つの要素について、うまくいきませんでした。より多くのポイントを獲得でじきませんでした。アクセルとデススパイラル、そしておそらくスピンでマイナスになりましたが、スローではそれほど多くのプラスを得られませんでした。ステップシーケンスの最後に、私たちは音楽の先を行っていたので、少し即興で演奏しました」とリロフは語りました。 アカンテヴァ/コレソフAは、「The Cloud Atlas」のサウンドトラックに合わせて、トリプルツイスト、トリプルフリップ、3つのレベル4要素を生成して66.64ポイントを獲得しました。 「今日のスケートには非常に満足しています。今日の為ために自分で設定したタスクを完了しました。 フリースケートでは、最高の演技をしようと思います。」とアカンテヴァ氏は述べています。 「私たちは金を目指していますが、最も重要なのは、ショートスケートとフリースケートの両方でよいものをを見せることです」と彼女のパートナーは付け加えました。 ムハメチアノワ / ミロノフは、チャルダスルーチンでトリプルツイスト、スロートリプルフリップ、ダブルアクセルを完了しました。 JGPザグレブ銀メダリストは64.90ポイントを獲得しました。 「もっと良くなったかもしれませんが、プログラムを1か月前に変更したことを考えると、大丈夫だったと思います。 私たちはそれを変更することを決めませんでした、コーチがしました。 私たちはこのプログラムをよりよく理解し、品質をよりよく示していると思います」とミロノフは説明しました。 アリーナ・ペペレワ / ロマン・プレシコフ(RUS)は、64.67ポイントで4位に遅れをとっていません。 Iイウリア・アルテエワ / ミハイル・ナザリチェフ(RUS)が5位(63.89ポイント)で、イベントで唯一のロシア以外のチームであるアニカ・ホッケ/ ロバート・クンケル(GER)が59.47ポイントで6位につけています。 女子ジュニアショートプログラムでアリサ リュウ(USA)はリードするためにトリプルアクセルトリプルトウループを成功させました。ロシアのダリア・ウサチョワは2位、クセリア・シニツィナ が3位です。 リュウは、“Don’t Rain on...
すべて読む

ペア - ショートプログラム(SP)

男子 - ショートプログラム(SP)