fbpx
Day

October 9, 2019

ジュニア出場選手

ジュニア出場選手 7大会、7か国、7週間、何100回のジャンプ、回転、ステップ、ISUのメンバーのうち68カ国、394 人の若きシングル·ペアスケーターの素晴らしい演技やスター選手誕生が第22回ISUフィギュアスケートジュニアグランプリシリーズに輝きを与えました。そして最後に各種目のシング ル・ペアの選手の世界最高の6選手(組)が2019年12月5日から8日トリノで開催される ISUジュニアグランプリファイナル出場の切符を手にしました。 ジュニアグランプリシリーズは、8月フランスのクルシュヴェル(Courchevel)から始まり、アメリカのレイクプラシッド(Lake Placid)、ラトビアのリガ(Riga)、ロシアのチェリャビンスク(Chelyabinsk)に移動し、ポーランドのグダンスク(Danzica)、クロアチアのザグレブ(Zagabria)、そし10月イタリア、エーニャ・ノイマルク(Egna / Neumarkt)で最終戦が行われました。また今回ペルーとベトナムが初めてシリーズに参加しました。 女子 アメリカのアリサ・リュウ(Alysa Liu)は、アメリカのレイクプラシッド大会で、1つのプログラムで3回転アクセル4回転ルッツを同時に成功させた史上初の女子スケート選手となり、この大会で優勝、さらにグダンスク大会においても優勝したためファイナルへの出場を決めました。ロシアのカミラ・ワリエワ(Kamila Valieva)は、フランス、ロシアの2大会で優勝し、女子出場選手の中、最高得点でファイナルに臨みます。韓国代表のイ・ヘイン(Haein Lee)は韓国におけるもっとも成長が見られる選手で、リガとザグレブの2大会の金メダルを持ってファイナルに進みます。またこの女子のカテゴリーを席巻していすロシアは、他にもクセニア・シニツィナ(Kseniia Sinitsyna)、ダリア・ウサチョワ(Daria Usacheva)、ビクトリア・ワシリエワ(ViktoriaVasilieva)の3人がファイナルに出場します。シリーズ合計179名が女子ジュニアの大会に参加し、この6人の女子選手がグランプリフィナーレで戦うことになります。 ISUジュニアグランプリファイナル女子結果 男子 男子ジュニアのファイナルの出場権を獲得するための闘いは、特に白熱しました。ロシアのアンドレイ・モザリョフ(Andrei Mozalev)は、リガ大会とザグレブ大会の2大会で金メダルを獲得した唯一の選手です。前回のジュニアジュニアグランプリファイナルで銀メダルだった、同じくロシアのピョートル・グメンニク(Petr Gumennik)は、チェリャビンスク大会での金メダル、エーニャ・ノイマルクの銀メダルを携え、再びファイナルに参戦します。同じく若いロシア選手、ダニイル・サムソノフ(Daniil Samsonov)はロシアジュニア選手たちの間で成功を収めた後、今季デビューした全ての国際ジュニア大会で注目を集め、金メダルと銅メダルを携え、ファイナルへ出場します。2019年世界ジュニア大会で銅メダルを獲得したイタリアのダニエル・グラッスル(Daniel Grassl)は、母国イタリアのエーニャ・ノイマルク大会で金メダルを獲得しました。他にも日本の鍵山優真(Yuma Kagiyama)、佐藤駿(Shun Sato)はこれまで様々な大会で表彰台に登ってきた先輩日本人選手の後を引き継ぐべき世代であることを見せつけています。シリーズには110名のジュニア選手が参加しました。...
すべて読む